−獣医免疫療法の可能性を求めて−

神奈川県動物病院|神奈川県大和市中央林間の動物病院|ひらの動物病院|免疫療法(自己活性化リンパ球移入療法)の加療実績記録です|ひらの動物病院では犬・猫の腫瘍科診療に力をいれており、腫瘍外科手術、化学療法(抗癌剤治療・抗がん剤治療)のみならず、がん免疫療法(免疫治療・活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます

※コメント・メールによるご質問等は受け付けておりません。免疫療法に関するご質問は、ひらの動物病院:046(272)5300までお問合せください 〒242-0007神奈川県大和市中央林間2−3−11 ひらの動物病院 http://www.hirano-vets.com
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< WLちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血9回目 | main | 第10回 日本獣医再生医療学会のお知らせ... >>
# − ご閲覧いただいている皆様へ −




神奈川県大和市中央林間の『ひらの動物病院』です。
本サイトでは、当院で実施している 『免疫療法(活性化自己リンパ球移入療法)』 の加療実績の報告を致します。ご紹介・ご案内・ご説明等の装飾的なページ・文言は全て省き、


●免疫療法は、どうやって行われているのか。
●どういったワンちゃんや猫ちゃんが、免疫治療をけているのか。
●免疫治療とは、どういうものなのか。
●免疫療法で、どういった効果が得られているのか。



等について、皆様にご理解、あるいは、ご評価いただく為のデータ・情報のみをUPしています。この行の右側のカテゴリー欄(CATEGORIES)で、免疫療法を受けたワンちゃん・猫ちゃん毎の経過を閲覧する事が可能です。→


読み易さ、読み物としての楽しさはありませんが、ご閲覧いただいた皆様、あるいは、ワンちゃん・ネコちゃんの免疫療法を必要とされているご家族に、当院における 『免疫療法(自己活性化リンパ球移入療法)』 の実際を、ご理解頂く足がかりとして頂ければ幸いです。尚、当院のご紹介・ご案内は、ひらの動物病院ホームページ をご参照ください。宜しくお願い致します。

ひらの動物病院 病院長 平野 由夫


◇◆◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◆◇
当院での免疫療法の実績が症例報告として 『獣医臨床総合誌 Companion Animal Practice -CAP-』 に掲載されました


不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し、12ヶ月間の局所再発ならびに転移の制御、良好なQOLが得られた犬の一例
December 2010 No.258
 
活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例
February 2011 No.260

| - | - | 18:00 | category: - |
Mobile
qrcode
ひらの動物病院


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法の可能性を求めて


獣医免疫療法実績掲載情報 -臨床誌-

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.


ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.
Search this site
Sponsored Links