−獣医再生医療・細胞療法についてのお知らせ−
神奈川県動物病院|神奈川県大和市中央林間の動物病院|ひらの動物病院|再生医療及び細胞療法実施施設の届出病院|犬の間葉系幹細胞療法・脂肪幹細胞療法、免疫療法・自己活性化リンパ球移入療法の実施病院です|ひらの動物病院では間葉系幹細胞療法の他、犬・猫の腫瘍科診療に力をいれており、腫瘍外科手術、化学療法(抗癌剤治療・抗がん剤治療)のみならず、がん免疫療法(免疫治療・活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます

※コメント・メールによるご質問等は受け付けておりません。免疫療法に関するご質問は、ひらの動物病院:046(272)5300までお問合せください 〒242-0007神奈川県大和市中央林間2−3−11 ひらの動物病院 http://www.hirano-vets.com
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北陸3県共催小動物臨床研修会 in富山 | main | イヌ皮下脂肪組織由来間葉系幹細胞(他家)療法… >>
# 朝日新聞『イヌやネコに再生医療』

2020年2月8日(土曜日)の朝刊(別刷)に日本獣医再生医療学会副理事長の横山篤司先生(長野県小諸市さくら動物病院)、常務理事の枝村一弥先生(日本大学)、そして大阪府立大学の鳩谷晋吾先生の獣医再生医療・細胞療法の研究・業績についてが掲載されました。

いまだ発展途中にある療法のひとつですが、わんちゃんや猫ちゃんの難病治療についての研究は日々すすんでいます。
ひらの動物病院 院長
日本獣医再生医療学会 副理事長
獣医師:平野由夫
| - | - | 18:33 | category: - |
Mobile
qrcode
ひらの動物病院


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法の可能性を求めて


獣医免疫療法実績掲載情報 -臨床誌-

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.


ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.
Search this site
Sponsored Links