−獣医再生医療・細胞療法についてのお知らせ−
神奈川県動物病院|神奈川県大和市中央林間の動物病院|ひらの動物病院|再生医療及び細胞療法実施施設の届出病院|犬の間葉系幹細胞療法・脂肪幹細胞療法、免疫療法・自己活性化リンパ球移入療法の実施病院です|ひらの動物病院では間葉系幹細胞療法の他、犬・猫の腫瘍科診療に力をいれており、腫瘍外科手術、化学療法(抗癌剤治療・抗がん剤治療)のみならず、がん免疫療法(免疫治療・活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます

※コメント・メールによるご質問等は受け付けておりません。免疫療法に関するご質問は、ひらの動物病院:046(272)5300までお問合せください 〒242-0007神奈川県大和市中央林間2−3−11 ひらの動物病院 http://www.hirano-vets.com
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球投与9回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。食欲も旺盛で、他の子のフードを食べてしまう事もある。とても元気に過ごしている。弁の状態も良く排便回数も安定している。



〔免疫療法関連処置〕点滴投与用静脈留置、自己活性化リンパ球点滴投与

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
07/11:活性化自己リンパ球培養用採血10回目予定

| - | - | 19:48 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血9回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。フードに飽きたかのように食べない時があるが、好きなお肉類を混ぜてあげると良く食べる。



〔免疫療法関連処置〕免疫療法用血液スクリーニング検査、血液塗抹検査、活性化自己リンパ球培養用採血 (左頚静脈より8ml) 軽度に血中尿素窒素量の増多が認められる。採食内容に誘導されたものと考える。

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
06/13:院内培養室にて単核球層を分離し、抗CD3抗体に播種〜継代開始
06/20:院内培養室にてIL-2を感作
06/27:自己活性化リンパ球移入療法9回目予定

| - | - | 20:02 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球投与8回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。昨日、今日とフードは食べないが、自分の好きな肉類はちゃんと食べている。先週あたりに少し呼吸が荒いような気がする日があったが、ここのところ目立った問題はない。



〔免疫療法関連処置〕点滴投与用静脈留置、自己活性化リンパ球点滴投与

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
06/13:活性化自己リンパ球培養用採血9回目予定

| - | - | 17:58 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血8回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。口唇に血液が付いている事があり、かかりつけ動物病院にて、口の中におできがあり、そこから出血していると指摘された。かといって食欲が落ちる様子もなく、元気にしている。



〔免疫療法関連処置〕活性化自己リンパ球培養用採血 (左頚静脈より8ml) 軽度に血中尿素窒素量の増多が認められる。採食内容に誘導されたものと考える。

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
05/16:院内培養室にて単核球層を分離し、抗CD3抗体に播種〜継代開始
05/23:院内培養室にてIL-2を感作
05/30:自己活性化リンパ球移入療法8回目予定

| - | - | 18:06 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球投与7回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。食欲・元気にまったく問題がない。去年の今頃と比べると、別の犬のように元気だとも言える。



〔免疫療法関連処置〕免疫療法用血液スクリーニング検査、点滴投与用静脈留置、自己活性化リンパ球点滴投与

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
05/16:活性化自己リンパ球培養用採血8回目予定

| - | - | 18:19 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血7回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。時々咳き込むような様子が認められるが、特にひどいというわkではない。食欲は旺盛で、同居犬のドライフードを食べてしまうようなこともある。



〔免疫療法関連処置〕活性化自己リンパ球培養用採血 (左頚静脈より8ml)

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
04/18:院内培養室にて単核球層を分離し、抗CD3抗体に播種〜継代開始
04/25:院内培養室にてIL-2を感作
05/02:自己活性化リンパ球移入療法7回目予定
 

| - | - | 13:36 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球投与6回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。特別に大きな変化はなく、元気にしている。先週、まったく食べない日が二日間ほどあったが、三日目には突然ドカ食いをして驚いた。



〔免疫療法関連処置〕免疫療法用血液スクリーニング検査、血液塗抹検査、点滴投与用静脈留置、自己活性化リンパ球点滴投与、(血中尿素窒素量に軽度の増多が認められる。採食内容に起因するものと考える。他、肝臓代謝機能、血中蛋白濃度、A/G比、カルシウム/リン比、電解質バランス、血糖値に特記すべき異常は認められない)

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中。


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
04/18:活性化自己リンパ球培養用採血7回目予定

| - | - | 13:48 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血6回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。先週、夜中に肺水腫を起こし、翌朝、かかりつけ動物病院にて治療を受けた。血管拡張剤と利尿剤の投薬量を少し増やしている。今も咳が出ることが多い。それでも食欲が落ちることはなく過ごしていた。



〔免疫療法関連処置〕活性化自己リンパ球培養用採血 (左頚静脈より8ml)

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中。


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
03/21:院内培養室にて単核球層を分離し、抗CD3抗体に播種〜継代開始
03/28:院内培養室にてIL-2を感作
04/04:自己活性化リンパ球移入療法6回目予定

| - | - | 13:54 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球投与5回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)


〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。生活は特に変わることなく、元気・食欲ともに旺盛で安定している。お散歩もそれなりに楽しんでおり、仲の良くない子が来ると吠えたりしている。



〔免疫療法関連処置〕免疫療法用血液スクリーニング検査、血液塗抹検査、点滴投与用静脈留置、自己活性化リンパ球点滴投与、(右顔面の腫脹に起因すると考えられる白血球の軽度な増多が認められる。他、血小板数、代謝機能に問題を認めない)。


〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。持続的な高窒素血症に対して吸着剤処方経過中。


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
03/21:活性化自己リンパ球培養用採血6回目予定

| - | - | 14:12 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
# KUちゃん(鼻腔腺癌):活性化自己リンパ球培養用採血5回目

KUちゃん(犬:MIX 13歳11ヶ月)


〔疾患名〕鼻腔腺癌 (2年前の大学病院受診時にMRI検査にて評価との事)

〔主訴〕腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とした免疫療法を希望。ここのところ問題なく過ごしている。採食量、飲水量ともに安定しており、生活に変動は認められない。遊んだりはしゃいだりと自由な生活を送っている。



〔免疫療法関連処置〕活性化自己リンパ球培養用採血 (左頚静脈より8ml)

〔併用処方薬等〕かかりつけ動物病院にてピモベンダン、塩酸ベナゼプリル等、僧帽弁閉鎖不全症に起因するうっ血性心不全に対する処方。


〔免疫療法目的・方針〕 腫瘍性変化の進行遅延ならびにQOLの維持。3週間隔での投与5回完了後、4週間間隔にて投与経過中。
02/21:院内培養室にて単核球層を分離し、抗CD3抗体に播種〜継代開始
02/28:院内培養室にてIL-2を感作
03/07:自己活性化リンパ球移入療法5回目予定

| - | - | 14:21 | category: KUちゃん(犬:鼻腔腺癌) |
Mobile
qrcode
ひらの動物病院


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法の可能性を求めて


獣医免疫療法実績掲載情報 -臨床誌-

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.


ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.
Search this site
Sponsored Links